第4回 五木駸々堂テスト

9月1日

第5回中学進学学力テストを中学受験コースの5,6年生が受験しました。

五木駸々堂テストは昨年度の近畿圏の私立中学校の募集人員の55%が受験した
最大規模の模擬テストです。

模擬テストは生徒の弱点を把握するだけでなく、特に6年生の夏休み明けからは志望校を
決定するうえで大きな指針となります。
少しでも志望校の偏差値を上回るように、夏休みは対策授業をしてきました。

例年、明治維新以降の歴史が苦手な生徒が多くて「渋沢栄一は、お札になる人
、ニュースで言ってたけど、何した人かは知らん。」と言うので、
「渋沢栄一記念館」のホームページの「絵画でみる栄一の一生」で押さえていたのですが…

模試の翌日の月曜日、教室に来るなり「渋沢 栄一が出た、けど問題は
あまり解けなかった。やっぱり明治はもっと勉強しんとあかんわ。」と言うのを聞いて、
逞しく成長してくれている事に感激しました。